Broad wimaxの契約内容を有効活用すればスマホ料金を節約出来る

Broad wimaxの契約内容
スマートフォンユーザーの多くは、大手携帯電話会社との契約を続けている状態ですが、毎月の料金が1万円を超えてしまっている人が少なくありません。

なぜなら、電話回線を使った通話を行わないにも関わらず通話定額制プランが最初から組み込まれていて、大容量パケット通信サービスとセット料金が組まれているからです。

スマートフォン本体価格も分割払いとすれば、月額料金に上乗せされてしまい、2年縛りの契約で乗り換えも難しくなりかねません。

しかし、格安SIMへ乗り換えればさほど通話を使わない人ならば、月額1,600円台から持つことが出来ます。

1GB程度のパケット通信容量では不足してしまうならば、wifi環境を作ることで、アプリ更新も手軽に行なえます。

モバイルwifiルーターを併用することで、動画配信サービスを視聴しても快適な通信が可能となるわけです。

ただし、月間通信容量に制限があるモバイルwifiルーターを選んでしまうと、折角併用する意味が無いので月間通信容量無制限となるwimaxのギガ放題プランを契約すれば問題は解決します。

wimaxは本家のUQ wimaxだけでなく、複数の通信事業者が回線を借りて営業しているので、格安SIM同様にwimaxも契約先を選ぶことで更に料金を安く使えます。

Broad wimaxならば、月額料金を3,411円でギガ放題が使えるようになるので、他社の3,880円~4,410円といった高額な料金を支払う必要がありません。

格安SIMのデータ通信契約容量を1GBといった最低限に抑えても、主な通信をBroad wimaxのモバイルwifiルーターへ逃がせば問題ないわけです。

月間通信容量が無制限ですから、直近3日間に10GB以上使った時の通信制限は、1Mbps程度と標準画質動画を見る程度なら十分であって、規制時間も18時~翌1時といった夜間と深夜に限定されるので、さほど困ることは無いはずです。

また、Broad wimaxはwimaxのハイスピードエリアを全て使えるので、人口カバー率で70%を超えているほどエリアが広がっています。

自宅で接続可能ならば、在宅中は全てのデータ通信をwimaxルーターへ流してしまえば良いので、格安SIMの契約容量を消費せずに済むわけです。

動画配信サービスは、wifi接続時に高画質モードを選択出来るようになるので、スマートフォン単体では標準画質しか選べないことが多くなっています。

高画質の動画を月間通信容量無制限のwimaxギガ放題プランで利用すれば、自宅や移動時間であっても快適に視聴可能です。

大手携帯電話会社で契約容量制限付きの料金よりも安く、無制限通信出来るならば安くて快適なwimaxと格安SIMの組み合わせが良いと考えられます。